不動産エージェントで回避できるトラブルあれこれ

不動産エージェントで回避できるトラブルあれこれ

不動産エージェントを利用すると、不動産取引に多いトラブル回避にも役立ちます。

 

たとえば、物件の市場価値が分からないところに付け込まれて安い価格で買い叩かれる危険が軽減します。不動産エージェントは、物件調査から適正な価格を算定し、さらに少しでも良い条件で取引できるよう本人に代わって交渉してくれます。
不動産にまつわる知識がないと契約書の記載条項を見落としたり、不利な条件だと気付かない場合もあります。契約時のサポートが万全の不動産エージェントなら、契約書のチェックも任せられます。不動産取引においては引き渡し時期も問題になります。現在の住居から新居へ移る間に仮住まいをしたくない、ギリギリまで居住しながら売却先を探したいという人は、不動産エージェントに引き渡し時期の調整も依頼すると良いでしょう。ローンの組み直しの相談にも乗ってくれる不動産エージェントもあります。
ちなみに、不動産エージェントに支払う費用は法律で「物件価格の3%+6万円+消費税」と決まっています。それ以上の支払いを要求する不動産エージェントは違法ですので、事前に確認を忘れずに。一括査定や情報提供のみを扱う不動産エージェントサイトなどは、利用料が無料のところがほとんどです。